レポート

2022-2023 AUTMUN & WINTER【WORK LEISURE】

DRESS & COMFORT
- 装う気持ちと心地よさの追求-

“魅せる”と“心地よさ” 2つの心を無理なく表現する
シルエットと快適性を追求した素材バリエーションをご紹介

____


WORK LEISURE


エレガンス×アクティブ!
“魅せる”自信につながるシルエットと快適性重視のテーラリング。

▶TREND COLOR


トレンドカラーの解説はこちら▶

▶SILHOUETTE


_ATHLEISURE SET UP_
セットアップもメリハリのある
シルエットでアクティブ感を!

裾絞りやフィット&フレアシルエットなど、程よく体のラインを活かしたスタイルがこれからのスタンダード。ポイントはどこかに抜きとボリュームを作ってバランスをとること。そのための素材選びはとても重要。足首のくびれから落ちすぎずハリ過ぎない綺麗なバルーンシルエットを作る素材。きゅっと締まった膝から円形に広がるフレアシルエットに必要なキックバックとフォルム感。あえてジャケットではなく、大きめの襟のついたスキッパーブラウスを合わせたり艶やかなフェイスの素材を選ぶなど、女性的な要素を組み込んで新鮮な印象に。


▶このシルエットにおすすめの生地
82-KW112 RELA x ION® wool twill
82-4864 T/RSUPELON 2way toro


_


_NEO TRUCK SUITS_
NEXTスウェットにはトラックスーツのようなレトロな要素が浮上。

ヨコ編みの古着感のあるジッププルオーバーが多い中、光沢の効いた滑らかなフェイスのものを選ぶことで都会的な印象に。襟やギャザーのボリュームが過度にならないよう、バルキーな素材感の中にも少し落ち感のある糸使いや分厚すぎず柔らかな風合いの素材をチョイス。


▶このシルエットにおすすめの生地
82-TR240 SUPER BULKY rever
82-7442 LIGHT amundsen jersey


_


_DRESSED MILITARY_
カジュアルから少し距離を置いた、オールマイティ綿素材。

今シーズンはスラックスやジレが作れるような綺麗な光沢感と落ち感を持った綿素材を選ぶのが◎。
ポケットやベルトなど少しカジュアルな要素を含ませながらもキレイに仕上げられる新鮮なワーク感は様々なコーディネートのブリッジアイテムになること間違いなし。


▶このシルエットにおすすめの生地
82-4919 SUPER TC puluela® karsey
82-4823 SHARKRAY primeflex®


_


_WORK DENIM_
進化するデニムから目が離せない!

裾を止めたり絞ったり、センタープレスをつけるなど凝ったディティールへとさらに幅を広げているデニムアイテム。よりフォルムを作りやすいハリ感や薄さ、レイヤードにも耐えうる軽さ等必要な要素も変化。色落ちのデメリットを軽減したり、しわになりにくいなどケア性もハイスペックに。


▶このシルエットにおすすめの生地
82-TY024 TRAVELIGHT® denim ox
82-4679 TRAVELIGHT® denimlike 2way


_


_WORK PANTS & OUTER_
アウトドアな気持ちを品よくこなして。

ワークやアウトドアの要素が拡大していく中で、そのディティールを上手に着こなすアーバンアウトドアスタイルが浮上。非日常的なザ・アウトドアスタイルを上品な印象に仕上げるためのシルキーな光沢感は必須。ただ高密で張りの強い素材を選ぶのではなく、柔らかさやドレープ性にも注目しながらドローストリング部分のクシュっと感が程よく出せる風合いを追求し、フェミニンに落とし込むのがカギ。ニットと合わせて素材のメリハリ感を楽しんだり、上下セットにして装い気分をアップ。


このシルエットにおすすめの生地
82-5346 N/C vintage
82-7752 Y/D memory taffeta


_


ページ上部へ戻る